[Elasticsearch]導入メモ

Elasticsearchとは


www.elasticsearch.org
全文検索エンジン。Apache Lucene上で動作している。


インストール


Javaが必要なので入っていない場合は、事前にインストールしておく


Mac OS


brewでインストールが楽ちん


brew install elasticsearch

起動


elasticsearch -f -D es.config=/usr/local/opt/elasticsearch/config/elasticsearch.yml

自動起動


ln -sfv /usr/local/opt/elasticsearch/*.plist ~/Library/LaunchAgents
launchctl load -w ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.elasticsearch.plist

CentOSとか


ここから最新のリリースまたは使いたいバージョンを選択する
今回は tar.gzを使い、/opt以下にインストールしてみる(rpmもある)


curl -O https://download.elasticsearch.org/elasticsearch/elasticsearch/elasticsearch-0.90.5.tar.gz
tar -xzvf elasticsearch-0.90.5.tar.gz
mkdir -p /opt/elasticsearch/releases
mkdir -p /opt/elasticsearch/shared/config
mkdir -p /opt/elasticsearch/shared/data
mkdir -p /opt/elasticsearch/shared/work
mkdir -p /opt/elasticsearch/shared/logs
mkdir -p /opt/elasticsearch/shared/plugins
mkdir -p /opt/elasticsearch/shared/pids
mv elasticsearch-0.90.5 /opt/elasticsearch/releases/0.90.5
ln -s /opt/elasticsearch/releases/0.90.5 /opt/elasticsearch/current
mv /opt/elasticsearch/current/config/* /opt/elasticsearch/shared/config/

elasticsearch.ymlを編集する


vi /opt/elasticsearch/shared/config/elasticsearch.yml

Pathsとなっているところ以下のconf, data, work, logs, pluginsをそれぞれ/optで始まるパスに変更する


起動させる


/opt/elasticsearch/current/bin/elasticsearch -f -p /opt/elasticsearch/shared/pids/elasticsearch.pid -D es.config=/opt/elasticsearch/shared/config/elasticsearch.yml

TODO: 起動スクリプトとか


https://github.com/elasticsearch/elasticsearch-servicewrapper


日本語解析用Pluginのインストール


Mac OS


plugin --install elasticsearch/elasticsearch-analysis-kuromoji/1.5.0

Linux


/opt/elasticsearch/current/bin/plugin --install elasticsearch/elasticsearch-analysis-kuromoji/1.5.0

NOTE: 試してない


Railsライブラリ


  • searchkick
    Tireのラッパー
    シンプルに使用できる。
    ただし、tireがretireとなり、メンテナンスされないことになったため今後はどうなるか不明。
  • eleasticsearch-ruby
    公式のクライアント。
    機能は豊富で、使用しやすいが、これを根っこにして各種機能を作りこむ必要がある

TODO: config周りのメモ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。