[CentOS6]リポジトリ追加

CentOS6 における各種リポジトリ追加メモ


epel repository


追加リポジトリを入れる際に、依存となっている事が多いリポジトリ


CentOS 6 64bitの場合


rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-7.noarch.rpm

CentOS 6 32bitの場合


rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-7.noarch.rpm

デフォルトでは使わないようにする


vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

enabled=1となっているところを以下のように0にする


enabled=0

iuscommunity repository


PHP5.4系を使いたい場合はiusを追加するのが簡単。
MySQL5.5系、Pythonは3.2系がインストール可能。
epelに依存しているので、epelリポジトリを追加後にやること。


CentOS 6 64bitの場合


rpm -ivh http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/x86_64/ius-release-1.0-10.ius.el6.noarch.rpm

CentOS 6 32bitの場合


rpm -ivh http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/i386/ius-release-1.0-10.ius.el6.noarch.rpm

デフォルトでは使わないようにする


vi /etc/yum.repos.d/ius.repo

enabled=1となっているところを以下のように0にする


enabled=0

remi repository


MySQL5.5系、PHP5.3系を入れる場合に使う。(iusでも十分だが)


CentOS 6 64bitの場合


rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/x86_64/remi-release-6-1.el6.remi.noarch.rpm

CentOS 6 32bitの場合


rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/i386/remi-release-6-1.el6.remi.noarch.rpm

デフォルトでは使わないようにする


vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

enabled=1となっているところを以下のように0にする
(おそらく初期状態でなっているはず)


enabled=0

各種インストールメモ


PHP5.4系の追加


yum --enablerepo=ius install php54 php54-mbstring

PHP5.4系の各種ライブラリの検索


yum --enablerepo=ius search php54

mcryptとか、mbstringとか、mysql, gdとか見つかるはず


MySQL 5.5系の追加


iusの場合
iusの場合はmysql55という名前になっている。


yum --enablerepo=ius install mysql55-server mysql55-devel

remiの場合


yum --enablerepo=remi install mysql-server mysql-devel

Python3.2系


yum --enablerepo=ius install python32

使い方

# python --version
Python 2.6.6

iusでいれたPython3.2


# python3 --version
Python 3.2.3

memcached


OS標準でもmemcachedはインストール可能。
しかし、remiを使ったほうが若干新しい
※執筆時点でbaseだと 1.4.4-3, remiだと1.4.15-2


yum --enablerepo=remi install memcached

redis


epelでも入るが、remiのほうがバージョンが新しい。
※執筆時点ではepelだと2.4.10-1, remiだと2.6.7-1


yum --enablerepo=remi,epel install redis

依存パッケージがepelにあるので、epelもenablerepoに追加すること。
--enablerepo=remiだけだとインストール出来ない


mongoDB


epelでも入るが、2.0系なので、mongoDBの公式を参考にmongo10genのリポジトリ追加をするのが無難
mongo10gen


Hadoop


こちらはcdh3を使うと良い。
一応本家の手順通りに


cd /tmp
wget http://archive.cloudera.com/redhat/6/x86_64/cdh/cdh3-repository-1.0-1.noarch.rpm
yum --nogpgcheck localinstall cdh3-repository-1.0-1.noarch.rpm

vi /etc/yum.repos.d/cloudera-cdh3.repo

以下を追加


enabled=0

初めて触る人は、Pseudo-Distributed Modeをインストールすればいろいろ簡単に試せる。


yum --enablerepo=cloudera-cdh3 install hadoop-0.20-conf-pseudo

Hadoop徹底入門

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。