いろいろあとで調べるものメモ


Messanger


https://github.com/HubSpot/messenger
http://github.hubspot.com/messenger/


Bootstrap date picker


https://github.com/eternicode/bootstrap-datepicker


skroller


http://prinzhorn.github.io/skrollr/(使い道がおもいつかない)


MarkdownでSlideshowsを作る


https://github.com/jdan/cleaver


secureheader


https://github.com/twitter/secureheaders
CSPとかXFOのヘッダーをいれてくれる。
すぐ使える


mutations


https://github.com/cypriss/mutations
モデル操作の前段階でいろいろフィルターかけられる。
更新停止気味?


Database rewinder


https://github.com/amatsuda/database_rewinder
Database cleanerより高速


Action args


https://github.com/asakusarb/action_args
コントローラのアクションに引数を渡すことができる


Better errors


https://github.com/charliesome/better_errors

group :development do
gem "better_errors"
end

こんだけ


オープンソースの各種ツール


brackets


http://brackets.io/
オープンソースのコードエディタ
Chromeと連動する


ProjectTox


https://github.com/irungentoo/ProjectTox-Core
Skypeで監視されるのがいやで作られた?
Skypeのクローンみたいなの

スポンサーサイト

ネタがないので BootMetroを紹介

世間はWindows8 なんでしょうか


Webエンジニアの間ではTwitter Bootstrapが一般的になってきました。
いかにもBootstrapというサイトも増えているように思います。


さてさて、Windows8のUIのことをModern UIというそうです。
最近までは、Metroといわれていたそうな。。。


BootstrapをベースにModern UIの表現


そんなModern UIをWebブラウザで表現しようとしているものをいくつかご紹介します。
Twitter bootstrapはちょっと、、、という人。Windowsを使っているような感じにさせたいという人に
おすすめかも知れません。


こんな感じになるそうです。
これHTMLなんですよ。。。
bootmetro.png


Bootmetro



全体的にModernになります。Twitter Bootstrap臭さがありません。
Bootmetro Github
デモ
ベースはTwitterBootstrapです


css3-microsoft-metro-buttons


Bootstrapのフォーム、ボタンをModernライクにします。
その他はBootstrapのまま
Github
デモ


ついでにTwitterBootsrap拡張をいくつか


Font-Awesome


Web font使えます。Iconの種類が増えます。Bootstrapは2.0系です。
Github
デモ


Toggleボタン


iPhoneのようなやつ
Github
デモ


Lightbox


普通のLightbox
Github
デモ


Fuel UX


SpinnerとかComboboxとかDataGridとか
Github
デモ

[SublimeText2]Sublime Package Control

Sublime Text 2の色々メモ


Sublime Package Control (SublimeText2のパッケージ管理ツール)


A full-featured package manager that helps discovering, installing, updating and removing packages for Sublime Text 2. It features an automatic upgrader and supports GitHub, BitBucket and a full channel/repository system.
http://wbond.net/sublime_packages/package_control

インストールの仕方


情報元: http://wbond.net/sublime_packages/package_control/installation


  1. SublimeText2を起動 -> [View] -> [Show Console]

  2. 以下のコマンドを出てきたコンソール画面入力
    import urllib2,os; pf='Package Control.sublime-package'; ipp=sublime.installed_packages_path(); os.makedirs(ipp) if not os.path.exists(ipp) else None; urllib2.install_opener(urllib2.build_opener(urllib2.ProxyHandler())); open(os.path.join(ipp,pf),'wb').write(urllib2.urlopen('http://sublime.wbond.net/'+pf.replace(' ','%20')).read()); print 'Please restart Sublime Text to finish installation'

  3. SublimeText2を再起動

  4. [Mac] Command + Shift + P
    [pi]とかいれて[Package Control: Install Package]を選択する

  5. 一覧にインストール可能なパッケージが表示されるので欲しいもの適当に入れる

  6. 無効にする場合は[PackageControl: Disable Package]でインストール済みのパッケージ一覧が表示されるので、無効にしたいものを選択するだけ

基本的にいれたパッケージはCommad + shift + pで探して実行します。
その為、よく使うコマンドはkeymappingにいれておくといいかも


いれてよかったもの。
Twitter bootstrap(bootstrapのsnippetが追加される)とMarkdown preview(mdファイルをブラウザでプレビューできる), その他 RubyTest, haml, SimpleRailsNavigatorとか
よくわからないツールはPreferencesのBrowse PackageでそのPackage内のREADME.mdとかを見る感じ


スペースを表示したい場合


[Mac] Command + ,でUserSettigsを開いて、"draw_white_space"をallで指定する。


{
"draw_white_space": "all",
}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。