[Ubuntu]Mongodb2.0系のインストール手順と使い方メモ

Mongodb2.0系のインストール手順と使い方メモ


メモ書き程度


環境 Ubuntu 11.10


インストール手順


sudo cat "deb http://downloads-distro.mongodb.org/repo/ubuntu-upstart dist 10gen" >> /etc/apt/sources.list
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv 7F0CEB10
sudo aptitude update
sudo aptitude install mongodb-10gen

http://www.mongodb.org/display/DOCS/Ubuntu+and+Debian+packages


なお、インストールすると勝手に起動するようです


mongodbの各種ファイル


バイナリ


$ ll /usr/bin/mongo*
-rwxr-xr-x 1 root root 2682248 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongo*
-rwxr-xr-x 1 root root 8596624 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongod*
-rwxr-xr-x 1 root root 8589072 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongodump*
-rwxr-xr-x 1 root root 8559720 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongoexport*
-rwxr-xr-x 1 root root 8560392 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongofiles*
-rwxr-xr-x 1 root root 8580880 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongoimport*
-rwxr-xr-x 1 root root 8576776 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongorestore*
-rwxr-xr-x 1 root root 5229648 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongos*
-rwxr-xr-x 1 root root 8630152 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongostat*
-rwxr-xr-x 1 root root 8564488 2011-12-16 01:33 /usr/bin/mongotop*

mongodbのデフォルトのデータフォルダ


/var/lib/mongodb

mongodbの設定ファイル


/etc/mongodb.conf

mongodbの起動ファイル


/etc/init.d/mongodb

簡単な使い方


コンソールの起動


$ mongo

デフォルトはtest用のデータベースに接続されます


  • exit ... コンソールの終了
  • use [db_name] ... dbの変更(dbが存在しない場合は作成)
  • show dbs ... dbの一覧取得
  • show collections ... collectionの一覧を取得
  • db.[collection_name].find() ... 指定されたcollection_nameの一覧を取得

サンプル
※#はコメントを表しています(実際はだめ)


use test2
# test2 dbを作成(switchするだけ)
x = {name : "master_mongo", host : "127.0.0.1" }
# xという変数に{name: "master_mongo"...という値を設定
y = {name: "slave1", host: "192.168.1.4" }
# 同上
db.mongo.save(x)
# 現在いるdbのmongoという名前のcollectionにxを保存する
db.mongo.save(y)
# 同上
db.mongo.find()
# mongoに存在する値の一覧を取得する
db.mongo.find({name: "master_mongo"})
# mongoに存在するnameが"master_mongo"のデータを検索する(存在すれば表示)
db.mongo.remove(x)
# 変数xと同一の値のデータを削除する
db.mongo.remove({name: "slave1"})
# nameが"slave1"のデータを削除する

コマンドの色々メモ


mongoで正規表現を使って検索する


db.mongo.find({name: /mong/})

nameにmongが含まれているデータを表示する


db.mongo.find({name: /slave[\d]{1}$/})

slaveのあとに数値が1桁で終わっているデータを検索・表示する


mongoの検索結果を配列にして変数に格納する


z = db.mongo.find().toArray()

以下でデータの中身を表示(サンプルは2つ目のデータ)


z[1]

適宜追加していく
参考: http://www.mongodb.org/display/DOCS/Tutorial

スポンサーサイト

[Ubuntu][MySQL]MySQL5を再インストール・複数起動させる

UbuntuでMySQL5.5を再インストールする方法と複数起動させる方法


今回のゴール


  • MySQL5.5の再インストールができるようにする
  • cmakeのオプションを設定して複数起動させることができるようにする

以下のようなフォルダ構成でMySQLをインストールします
※レプリケーションテストをローカルで行うなどで使えます
※複数の異なるバージョンを入れることもできます(5.5.15の部分がバージョンごとに増えていく)


/usr/local/mysql
└── 5.5.15
├── master
└── slave

MySQLのアンインストール


前提としてpacoを利用している必要があります


以下のような形で、/usr/local/mysql/5.5.15/1/以下にmysqlをインストールしています


$ paco -a
mysql-5.5.15
$ which mysql
/usr/local/mysql/5.5.15/1/bin/mysql

pacoを使った既存のMySQLの削除


pacoを使用しているならば簡単に削除できます
削除はpaco -r [パッケージ名]というコマンドで行います
パッケージ名はpaco -aで確認できます(paco管理下に置く際に-p [パッケージ名]で指定ができます)


sudo paco -r mysql-5.5.15

削除前の構成


$ ll /usr/local/mysql/5.5.15/1/
合計 84
drwxr-xr-x 13 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:34 ./
drwxr-xr-x 3 root root 4096 2011-08-28 01:27 ../
-rw-r--r-- 1 mysql mysql 17987 2011-07-14 04:09 COPYING
-rw-r--r-- 1 mysql mysql 7604 2011-07-14 04:09 INSTALL-BINARY
-rw-r--r-- 1 mysql mysql 2552 2011-07-14 04:09 README
drwxr-xr-x 2 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 bin/
drwxr-xr-x 5 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:30 data/
drwxr-xr-x 2 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 docs/
drwxr-xr-x 3 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 include/
drwxr-xr-x 3 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 lib/
drwxr-xr-x 4 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 man/
drwxr-xr-x 10 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 mysql-test/
drwxr-xr-x 2 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 scripts/
drwxr-xr-x 27 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 share/
drwxr-xr-x 4 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 sql-bench/
drwxr-xr-x 2 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:27 support-files/

削除後の構成


$ ll /usr/local/mysql/5.5.15/1/
合計 16
drwxr-xr-x 4 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:35 ./
drwxr-xr-x 3 root root 4096 2011-08-28 01:27 ../
drwxr-xr-x 4 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:35 data/
drwxr-xr-x 3 mysql mysql 4096 2011-08-28 01:35 lib/

不要なディレクトリ, ファイルの削除


インストールディレクトリ配下にdata/, lib/というディレクトリがゴミとして残りますので、不要な場合は削除します
また、起動用スクリプトを/etc/init.d/以下に設置している場合はそちらも削除します
PATH設定も不要であれば削除します


$ sudo rm /etc/init.d/mysql.server 
$ sudo rm -rf /usr/local/mysql/5.5.15/

削除が完了したら、あとは普通にインストールすればOKです
しかし、今回は複数起動の設定も行っていきたいと思います


マスター側のMySQLのインストールと設定


ここでは/usr/local/mysql/5.5.15/master以下にマスターとなるMySQLをインストールしています
その他のディレクトリにインストールする場合は上記記述箇所を任意のディレクトリ名に変更してください


MySQL5.5.15のインストール


MySQL5.5.15のソースコードをダウンロードします


wget -O mysql-5.5.15.tar.gz http://www-jp.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.5/mysql-5.5.15.tar.gz/from/ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/db/mysql/

tar.gzを解凍し、コンパイルします


tar xzf mysql-5.5.15.tar.gz
cd mysql-5.5.15
sudo cmake . -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql/5.5.15/master -DDEFAULT_CHARSET=utf8 -DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci -DENABLED_LOCAL_INFILE=true -DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE=1 -DWITH_EXTRA_CHARSETS=all -DWITH_READLINE=ON -DSYSCONFDIR=/usr/local/mysql/5.5.15/master

ここでcmakeで以下の設定をしています


  • CMAKE_INSTALL_PREFIXでインストール先のディレクトリを/usr/local/mysql/5.5.15/masterとするように指定しています
  • SYSCONFDIRでmy.cnfの設置場所を指定しています
    my.cnfを/usr/local/mysql/5.5.15/master/以下に設置し、masterのMySQLの設定はそこのmy.cnfを参照するようにします

その他のオプションの詳しい説明はhttp://dev.mysql.com/doc/mysql-sourcebuild-excerpt/5.5/en/source-configuration-options.html(英語)を参照ください
また、my.cnfの読み込み順序についてはhttp://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/option-files.html(英語)をご参照ください


makeの実行


ここで、-j 2とすることで2スレッドで並列してコンパイルを行うようになり、高速化できます
※VMとかだと微妙ですが


make [-j 2]

paco管理下でmake install


paco管理下でmysql-5.5.15-masterというパッケージ名でmake installします
こうするとあとでsudo paco -r mysql-5.5.15-masterで削除することができます


sudo paco -p mysql-5.5.15-master make install

MySQL5.5のインストール完了後の設定


パーミッションの設定


sudo chown -R mysql:mysql /usr/local/mysql/5.5.15/master

起動スクリプトの設置


自由な名前で設置して問題ありません
この例だと/etc/init.d/mysql5.5.15-master startで起動させることになります


sudo cp /usr/local/mysql/5.5.15/master/support-files/mysql.server /etc/init.d/mysql5.5.15-master
sudo chmod +x /etc/init.d/mysql5.5.15-master

初期設定データのインポート


sudo /usr/local/mysql/5.5.15/master/scripts/mysql_install_db --user=mysql --basedir=/usr/local/mysql/5.5.15/master --datadir=/usr/local/mysql/5.5.15/master/data

mysqlコマンドが使えるようにする設定


複数mysqlをインストールして使う場合はちょっと手間をかけないといけませんが、
ここではそれは省略し、基本的にmysqlコマンドで接続する場合はmaster側に接続されるようにします


vi ~/.bashrc

末尾に以下を追加


export PATH=$PATH:/usr/local/mysql/5.5.15/master/bin

my.cnfの設置


設定値はhttp://namakesugi.web.fc2.com/settings/mysql55_my_cnf_master.txtを参照してください
以下は上記URLからwgetして設置する例です(ベースはmedium)


cd /tmp
sudo wget -O my.cnf http://namakesugi.web.fc2.com/settings/mysql55_my_cnf_master.txt
sudo mv my.cnf /usr/local/mysql/5.5.15/master/

ログファイルをtouchしておく


sudo touch /var/log/mysql/master_error.log
sudo touch /var/log/mysql/master_slow.log
sudo chown mysql:mysql /var/log/mysql/master*

マスター側のMySQLの起動と接続


以下コマンドでMySQLを起動させます


sudo /etc/init.d/mysql5.5.15-master start

以下コマンドでMySQLに接続します


mysql -uroot

なお、以下コマンドでも同様な動きをします
※大事なのは/usr/local/mysql/5.5.15/master/my.cnfの[client]の設定を読み込ませること


/usr/local/mysql/5.5.15/master/bin/mysql -uroot

statusコマンド, show variables等で設定が正しいことを確認をして完了です


Slave側のMySQLのインストールと設定


インストール先は/usr/local/mysql/5.5.15/slave以下とします
基本的にdatadirのパスを変更するだけで手順は同じであるため、詳細な説明は省略します


ソースコードのディレクトリへ移動します


cd mysql-5.5.15

キャッシュ削除等を行います


rm CMakeCache.txt
make clean

コンパイル・paco管理下でのmake installをします


sudo cmake . -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql/5.5.15/slave -DDEFAULT_CHARSET=utf8 -DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci -DENABLED_LOCAL_INFILE=true -DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE=1 -DWITH_EXTRA_CHARSETS=all -DWITH_READLINE=ON -DSYSCONFDIR=/usr/local/mysql/5.5.15/slave
sudo make
sudo paco -p mysql-5.5.15-slave make install

パーミッション設定をします


sudo chown -R mysql:mysql /usr/local/mysql/5.5.15/slave

初期データのインポートを行います


sudo /usr/local/mysql/5.5.15/slave/scripts/mysql_install_db --user=mysql --basedir=/usr/local/mysql/5.5.15/slave --datadir=/usr/local/mysql/5.5.15/slave/data

起動スクリプトを設置します


sudo cp /usr/local/mysql/5.5.15/slave/support-files/mysql.server /etc/init.d/mysql5.5.15-slave
chmod +x /etc/init.d/mysql5.5.15-slave

my.cnfを設置します


設定値はhttp://namakesugi.web.fc2.com/settings/mysql55_my_cnf_slave.txtを参照してください
以下は上記URLからwgetして設置する例です(ベースはmedium)
なお、port番号は13306, socketは/var/run/mysqld/mysqld_5.5.15_slave.sockとしています


cd /tmp
sudo wget -O my.cnf http://namakesugi.web.fc2.com/settings/mysql55_my_cnf_slave.txt
sudo mv my.cnf /usr/local/mysql/5.5.15/slave/

ログファイルをtouchしておきます


sudo touch /var/log/mysql/slave_error.log
sudo touch /var/log/mysql/slave_slow_log
sudo chown mysql:mysql /var/log/mysql/slave_*

Slave側のMySQLを起動します


sudo /etc/init.d/mysql5.5.15-slave start
/usr/local/mysql/5.5.15/slave/bin/mysql -uroot

ログを確認してエラーがないことを確認します


less /var/log/mysql/slave_error.log

Slave側のMySQLに接続します


パスを通したmysqlコマンドの参照しているmy.cnfは/usr/local/mysql/5.5.15/master/my.cnfであるので、
ポート、socket設定をするか以下のようにして接続します


/usr/local/mysql/5.5.15/slave/bin/mysql -uroot

statusコマンドでslaveに繋がっていることを確認します


status

socketがslaveであることを確認します


show variablesでdatadirがslave以下のdataであることも確認します


show variables like 'datadir';
+---------------+-------------------------------------+
| Variable_name | Value |
+---------------+-------------------------------------+
| datadir | /usr/local/mysql/5.5.15/slave/data/ |
+---------------+-------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

これでmasterのMySQLをport3306 slaveのMySQLをport13306で同時に起動させることができるようになりました
今回は同一バージョンの複数起動でしたが、同様の方法で別のバージョン(5.1系や5.6系など)をインストールすることもできます


コマンドまとめ


paco関連


  • paco -a ... paco管理下のパッケージ一覧を表示
  • paco -r [パッケージ名] ... paco管理下のパッケージを削除
  • paco -p [パッケージ名] make install ... paco管理下でmake installする(手動インストール)
    なお、-Dとするとカレントディレクトリ名をパッケージ名にする意味になります(mysql-5.5.15以下でmake installした場合はpacoにはmysql-5.5.15という名前で

MySQL5.5系のcmakeオプション


  • -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=[インストールパス] ... インストールパスを指定する
    (明示的にインストールするために指定しておいたほうが安全)
  • -DSYSCONFDIR=[my.cnfの設置パス] ... 複数インストールする場合でmy.cnfを使い分けたい場合は指定する
  • -DWITH_EXTRA_CHARSETS=all ... 言語ファイルを全部入れる
    (mysqldumpとかでexportする言語を指定する場合にないと大変なことになったりする

UbuntuでRails環境構築 その1

UbuntuでRails環境を整える


2011/8/28 更新しました


インストール直後の状態からスタートしていく


環境


Ubuntu 11.04 on VMware

ISOダウンロード先はこちら
なお、特に断りにない限りターミナル上での操作を前提としている(Ctrl + ALT + Tで出ます)


aptitudeとpacoのインストール


パッケージ管理はaptitudeで行うのが推奨されているようなのでこちらをインストールします(apt-getでも問題はない)


AptitudeについてはWikipediaを参照してください
手動インストールなためpaco(参考サイト)もいれておきます
(aptitube install pacoでできるようになっていることに注意)


sudo apt-get install aptitude
sudo aptitude install paco

Rubyのセットアップ


rvmのセットアップ


curl, gitをインストールしたあとにrvmをインストールし初期設定します


sudo aptitude install curl git
bash < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer)

rvmのinstallerのURLが変更された模様ですので適用しました
また以下の作業も必要になった様子です


echo '[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

依存ライブラリのインストール


rvm notesコマンドで依存ライブラリ等の確認ができます
jRubyを入れる場合の依存ライブラリも表示されますので、確認するようにしてください


# For Ruby / Ruby HEAD (MRI, Rubinius, & REE), install the following:

上記に記載されているようにインストールしておきます
インストールするモジュールにsubversion等が増えた様子です


sudo aptitude install build-essential openssl libreadline6 libreadline6-dev curl git-core zlib1g zlib1g-dev libssl-dev libyaml-dev libsqlite3-0 libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt-dev autoconf libc6-dev ncurses-dev automake libtool bison subversion

zlib, readlineの設定をしておきます
https://rvm.beginrescueend.com/packages/を参照していれておきます


rvm pkg install zlib
rvm pkg install readline

Rubyのインストール


以下コマンドで現在インストールできるrubyの一覧を表示することができます
[-p290]などのように[]で囲まれている部分は省略可能です
今流行のjrubyもこれでインストールできます


rvm list known

今回はcRuby 1.9.2をいれることにします
コンパイルしますので若干時間がかかります


rvm install 1.9.2

gemsetの設定


globalのgemsetの設定


全体で使用される共通のgemsetにglobalというものがあります
ここにはbundlerを入れておきましょう


rvm use 1.9.2
rvm gemset use global
gem install bundler --no-rdoc --no-ri

普段使い用のgemsetの作成


rvmにおいてrubyのライブラリ管理ツールであるgemはrubyのバージョンごとに複数作ることができます


rvm use 1.9.2
rvm gemset create default

作成したgemsetをdefaultとして登録しておきます
ここでいうdefaultとはターミナルを立ち上げた際にruby -vなどで見たときに利用されるrubyのことをいいます


rvm use ruby-1.9.2@default --default

以下のようになっていることを確認します


$ ruby -v
ruby 1.9.2p290 (2011-07-09 revision 32553) [i686-linux]
$ rvm gemset list

gemsets for ruby-1.9.2-p290 (found in /home/namakesugi/.rvm/gems/ruby-1.9.2-p290)
=> default
global

railsをインストールする


gem install rails --no-rdoc --no-ri

バージョン指定をしない場合は現時点での最新の安定板がインストールされます(8/28時点では3.0.10)


Rails3.1系をインストールする場合は以下のようにしてください


gem install rails -v ">=3.1.0rc" --no-rdoc --no-ri

その他の設定


rubyのバージョン、gemsetをプロジェクトごとに使い分ける場合は
そのプロジェクトの直下に.rvmrcというファイルを設置し、rvmのコマンドを記入しておくことで実現できます


以下はサンプルです


mkdir ~/workspace
cd workspace
mkdir hoge
mkdir hoge2
echo "rvm use ruby-1.9.2@default" > hoge/.rvmrc
echo "rvm use ruby-1.9.2@rails310rc4" > hoge2/.rvmrc

このようにすることでhogeディレクトリに移動したときには自動的にruby-1.9.2のdefaultというgemsetが使用されるようになります
またhoge2というディレクトリへ移動した際にはruby-1.9.2のrails310rc4というgemsetが使用されるようになります


注意! プロジェクトをgitで管理した場合に.rvmrcもgitにpushされてしまいます
その場合他の人も同じ名前のgemsetを作成していないと困ったことになるので以下のようにして.rvmrcはコミットされないようにしておきましょう


echo ".rvmrc" > ~/.gitignore
git config --global core.excludesfile ~/.gitignore

まあ~/.gitignoreには、各種エディタが作成するファイルなどを登録しておくと良いでしょう(マナー的に)


UbuntuにMySQL5.5をインストールする


ライブラリのインストール


sudo aptitude install cmake bison g++ libncurses5-dev libncursesw5-dev sysv-rc-conf

ユーザーとグループの準備


sudo groupadd mysql
sudo useradd -r -g mysql mysql

MySQL5.5のインストール


注意 : mysql-5.5.15の場合です
異なるバージョンの場合はインストール方法・オプションが変更になっている場合があります


以下のコマンドでMySQL5.5.15のソースコードをダウンロードします


最新のソースコードが良い場合は、最新のソースコードの探し方を参照してください


wget -O mysql-5.5.15.tar.gz http://www-jp.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.5/mysql-5.5.15.tar.gz/from/ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/db/mysql/

最新のソースコードの探し方


  • http://www-jp.mysql.com/downloads/mysql/へアクセスします

  • プルダウンメニューから[Source Code]を選択します

  • 末尾の[Generic Linux (Architecture Independent), Compressed TAR Archive]
    (mysql-5.5.15.tar.gz*バージョンはその時点での最新を選択する)の[Download]を選択します

  • No thanks, just take me to the downloads! を選択します

  • ダウンロード先を選択し(なるべく日本)ダウンロードします

MySQL5.5の解凍とコンパイル,インストール


ここでは/usr/local/mysql以下へインストールする方法を示します
/usr/local/mysql/5.5.15のようにバージョンごとに管理したい場合は-DCMAKE_INSTALL_PREFIXを
/usr/local/mysql/5.5.15にしてください
※この後の手順中に出現するパスもすべて変更する必要があります


tar zxf mysql-5.5.15.tar.gz
cd mysql-5.5.15
sudo cmake . -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql -DDEFAULT_CHARSET=utf8 -DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci -DENABLED_LOCAL_INFILE=true -DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE=1 -DWITH_EXTRA_CHARSETS=all -DWITH_READLINE=ON
sudo make
sudo paco -D make install

-DSYSCONFDIR=/usr/local/mysql/5.5.15とすることで、
/usr/local/mysql/5.5.15以下にmy.cnfを設置しても参照されるようになります


パーミッション関係の設定


sudo chown -R mysql:mysql /usr/local/mysql/
sudo mkdir /var/log/mysql/
sudo touch /var/log/mysql/error.log
sudo touch /var/log/mysql/query.log
sudo touch /var/log/mysql/slow.log
sudo chown -R mysql:mysql /var/log/mysql/
sudo mkdir /var/run/mysqld
sudo chown -R mysql:mysql /var/run/mysqld

起動スクリプトの設置


これでsudo /etc/init.d/mysql.server start|stop|restartが使用可能
自動起動設定する場合は適当に設定する


sudo cp /usr/local/mysql/support-files/mysql.server /etc/init.d/

my.cnfの設置


インストール先を変更した場合はbasedir, datadirのパスを変更してください


cd /tmp
sudo wget -O my.cnf http://namakesugi.web.fc2.com/settings/mysql55_medium_my_cnf.txt
sudo mv my.cnf /etc/

初期データのインポート
※インストール先を変更した場合はbasedir, datadirのパスを変更してください


sudo /usr/local/mysql/scripts/mysql_install_db --user=mysql --basedir=/usr/local/mysql --datadir=/usr/local/mysql/data

mysqlの初回起動


$sudo /etc/init.d/mysql.server start
Starting MySQL
.... *

上記のようにでればOK


MySQLのツールのパスを通す


シンボリックリンクで通す場合


sudo ln -s /usr/local/mysql/bin/* /usr/local/bin/

~/.bashrcへの追加の場合


echo "export PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin" >> ~/.bashrc

MySQL5.5の動作テスト


mysql -uroot
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| test |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

mysql> exit

ちなみにこのやり方だとtestデータベースの削除ができないので以下の方法で削除しておく


sudo /etc/init.d/mysql.server stop
sudo rm -rf /usr/local/mysql/data/test
sudo /etc/init.d/mysql.server start
mysql -uroot

mysql> show databases;
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
+--------------------+

後は必要に応じてrootのパスワードの設定等を行う


参考 : My Life LogsRamblings About What?を参考にしてインストール

いれておくと良いGmate


Gmateのインストール


sudo apt-add-repository ppa:ubuntu-on-rails/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install gedit-gmate

gedit-pluginsのインストール


ターミナルとかをgedit上に表示させるためにいれておく


sudo apt-get install gedit-plugins

ubuntuにおけるrails 3.0系の初期セットアップはこちらから

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。